integra Type R (DC5) revue HD quality

www.youtube.com integra Type R (DC-5) ボディーの美しさを出す為に ザイモールのチタニウム(zymol Titanium Wax)を使用2001年7月2日フルモデルチェンジ。 絶版となったプレリュードと統合された形になった為、4ドアハードトップは廃止され、3ナンバーサイズのクーペのみで登場。 標準グレードと同時にタイプRも設定された。 専用にハイチューンされたK20A型 直4 2.0L DOHC i-VTECエンジンを搭載することにより、初代を上回るエンジン性能(220PS)や、 ホンダ車初のブレンボ社製ブレーキの採用や運転席、助手席レカロシート装備、ホンダとイタリアMOMO社共同開発のステアリング、アルミ無垢削りだしのシフトノブ、アルミ軽量ペダルと装備面を強化したものの、 安全装備の標準搭載や衝突安全性を考慮したボディで総重量が100kg以上増となった。 フロントサスペンションのマクファーソンストラット化や、駆動系にLSDやクロモリ軽量フライホイールを採用スポーツクーペとしては広めの室内空間・トランクスペースの確保等で全高が高くなったためなどで不満の声もあったが、 初代同様世界最速のFFと言われ、高い評価を得た。 またハイスペックエンジンを搭載しながらも、 国土交通省が定めた低排出ガス車認定制度平成12年排出基準の「優-低排出ガス(星2つ)」をクリアし、 10・15モード燃費は12.4km/L(実燃費も8km/Lから11km/L前後)とスポーツカーとしては低燃費であり、 地球環境を強く意識したホンダらしいスポーツカーとしての一面も持ち合わせた。 2006年4月、クーペ型乗用車不振と若者の自動車離れの影響を受け国内の生産終了を発表。 当初は最後の300台を生産し同年6月に終了する予定が、惜しむ声が大量に寄せられたため、 最終的に150台増産で1ヶ月延長の同年7月に生産終了した。 製造国 日本 販売期間
Video Rating: 5 / 5

Be Sociable, Share!

Technorati Tags: , , , ,

One thought on “integra Type R (DC5) revue HD quality

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *